エンジニアとしてのキャリアパスエントリまとめ

エンジニアとしてこの先生きのこれるのか?

どういうエンジニアとして生きのこっていきたいのか? ずっと悩んでいる。 言語化出来てない、という前に そもそも 目標 がわからない。

このエントリは 他の人が 書いたキャリアパスの言語化や考え方を元に 自分のキャリアの目標を考える為のブログである。

進め方としては 色んなエンジニアの方々が決めたキャリアパスを紹介されているエントリをここにまとめていって、 「これは僕に合う・合わない」 みたいな批評をしていく感じになると思う。

まず大前提として 人のキャリアパスをディスるつもりは絶対にない ので、それはそもそも念頭として書いておく。

他の人に向けたブログじゃなくて、完全に自分の為のブログなんだけど 同じような悩みを持っている人がいて、参考になったら嬉しい。

このエントリは色んなリンクを貼っていくのが目的なので都度アップデートする。

言語化 まとめ

キャリア言語化 抜き出し リンク
プロダクトファーストに価値を想像するエンジニア 技術的な楽しさだけでは生きていきたくない、 目の前のプロダクトがいい感じであってほしい、自分に出来るのは技術を使ってプロダクトを伸ばす プロダクトファーストに価値を創造するエンジニアとしての生き方 / Product first Engineering - Speaker Deck
エンジニア×〇〇 ~職種を「越境」して希少性を出すキャリア~ 技術にもマネジメントにも尖った強みがない人はエンジニアとして活躍出来ないのか? エンジニア × ○○ で無限の可能性がある エンジニア×〇〇 ~職種を「越境」して希少性を出すキャリア~ - Speaker Deck
20代でマネジメントにチャレンジするということ 皆フィードバックしやすい20代のうちにやると失敗しやすい 20代でマネジメントにチャレンジするということ / To challenge management in 20's - Speaker Deck
打算的エンジニアの成長戦略 打算的というのは、一言でいうと「得意なところで勝負する」ということ。得意なところをちゃんと選ぶ、増やしていくという考え方 打算的エンジニアの成長戦略 - Speaker Deck

雑感メモ

プロダクトファーストに価値を想像するエンジニア

先日ブログで読んだ この記事でも凄い納得したんだけど プロダクトへの納得感とか 自分がやってる事が好きであり続けたいなと思う。

konifar-zatsu.hatenadiary.jp

そういう点で非常に共感したエントリだし、こういうエンジニアにはなっていきたい。

僕に当てはめたときに 問題を技術で解決していく事は当然として じゃあそれを解決するために どんな手段で・どこを強みとして みたいな所を深掘っていかないといけないんじゃないかな、と思う。

エンジニア×〇〇 ~職種を「越境」して希少性を出すキャリア~

todo

20代でマネジメントにチャレンジするということ

todo

打算的エンジニアの成長戦略

今の僕のやりたい考え方に近いんかな、とか思う。 今の自分に適用させると自分の得意なところをやっと見つけたのかな、って所。

増やしていくにはどうするか、みたいなのは考えていく必要がありそう。 まあ、これは紹介されてるとおり 得意なところで勝負して成功させて次につなぐ って話でもあるし、それは各タイミングでの勝負によって失敗しながら都度会得していくとかでもいいんじゃない?とかも思う